Top > 遺産相続 > 公正証書遺言とは何だろう?

公正証書遺言とは何だろう?

公正証書遺言とは、公証人役場というところで作成する遺言書のことです。

もちろん遺言内容は遺言者自身が考えることになりますが、それを公証人の前で口述し、公証人が文書にまとめてくれるしくみになっています。

この公正証書遺言は次のような利点があります。

 

1.無効になる可能性はほとんどない

文書にまとめるのは公証人という法律の専門家ですので、表現がおかしかったり、手続に使用できないような遺言書が作られることはほとんどありません。

ただし、遺言者が遺言をしたときの判断能力に疑問が残る場合(認知症など)は、しばしば無効となっていることがあります。

 

2.保管は公証役場でなされる

保管は公証役場でなされ、遺言者が亡くなるまで相続人の誰もその内容を知ることはできません。

どの公証役場で作成しても、遺言検索システムでつながっているため、すぐ遺言書の存在がわかり、家族は相続が始まったら、直ちに遺言書を手にすることができます。

 

3.本人の遺言であることは疑いようがない

公正証書遺言の作成には2人の証人が立会って署名押印します。また、もちろん公証人自身が作成し署名し押印します。ですから、遺言者自身の意思で作成されたことは疑いようがなくなります。相続手続き書式

自筆の遺言書と違い、「これは本人の作ったものではない。」などとは決して言えないのです。

 

しかし、費用がかかることと証人に遺言内容を知られることなど自筆の遺言書に比べると気軽に作れるものではありません。

そのため、とりあえず自筆で作っておき、最終的に考えがよくまとまってから公正証書にする方もおられます。

 

遺産相続

関連エントリー
公正証書遺言とは何だろう?