Top > 妊娠 > 妊娠中のブルーな気持ちに対処する

妊娠中のブルーな気持ちに対処する

 

妊娠うつという言葉をご存じでしょうか。妊娠中はどうしても気分が落ち込み易く、ブルーになってしまい易いのです。

 

元々、男性よりも女性の方が鬱病に掛かりやすいと言われていました。妊娠中はホルモンバランスの変化や体調不良、自分の好きな行動が出来ないストレス等により妊娠うつになる妊婦も多いのです。

 

妊娠出産への不安やプレッシャー等も重なり、マタニティブルー状態になってしまうでしょう。

もし、妊娠うつになった場合はゆっくり休む事をお奨めします。妊娠中の鬱やつわりは、体を休めるサインなのです。鬱になるということは休養が必要であり、甘えても良い期間なのです。

 

鬱になると心細くなったり何もやりたくなくなってしまいますよね。

そういう時は、ご主人や家族を頼っても良いのです。少し家事を休んだり、ゆっくりと眠るだけでも随分と楽になります。

 

妊婦は行動が制限されると言われていますが、安定さえすれば行動範囲もずっと広がるでしょう。

好きな物を食べるのも、たまになら良いと言われています。もし、本当につらくなったら友人や医師、助産師等に相談をしてみましょう。

 

妊娠や出産に対する不安や不満を話せば、それだけでも楽になれるはずです。妊娠うつは、多くの妊婦が経験する事です。決して特別な事では有りませんし、自分自身が弱い訳でもないのです。

 

定期的なリフレッシュをして、休むときはゆっくりと休んで、妊娠中の体とうまく付き合ってみては如何でしょうか。妊婦 便秘

 

妊娠

関連エントリー
妊娠中のブルーな気持ちに対処する